本文へ移動

無線式RTM計測システム概要

撚り線機用無線システム RTM

RTM無線式撚り機内張力計測システムは、撚り線機内の各素線毎の張力を張力センサーで計測、記録する革新的なシステムです。回転体の中で計測したデータは確実に伝送されます。 このシステムは、マルチチャンネルプラネタリーストランダー、リヂットストランダー、チューブラーストランダー、ダブルツイストバンチャーに取り付ける事で多くの利点が望めます。 機械の生産性と品質の向上が計れます。RTM無線式撚り機内張力計測システムは、既存の設備に容易に設置できます。
システムは、張力測定センサー・無線式送信・受信RTM・バッテリー充電器から構成されます。 高精度のベアリング付きロードセルの張力測定センサーで走行するワイヤー・ケーブルの張力を計測したデーターを無線で通信します。 システムには2チャンネル用RTM-2と42チャンネルまで拡張可能なRTM-42二つのシステムが有ります。

RTM システム

システム構成 テンションセンサー・無線送受信器・バッテリー・アンプリファ

張力センサーRMGZ200
張力センサーRMGZ800
無線発信ユニット
無線受信ユニット
無線チャンネル拡張ユニット
無線用バッテリーとチャージャー

RTMX42

RTM X42

撚り線機用無線式張力計測システムRMT X42は、ロープやパワーケブルの導体の様な多数の芯線撚り工程用で撚り線機内の各素線毎の張力を張力センサーで計測記録する革新的なシステムです。 回転体の中で計測したデータは確実に伝送されます。 このシステムはマルチチャンネルプラネタリーストランダー、リヂットストランダー、チューブラーストランダー、ダブルツイストバンチャーに取付ける事で多くの利点が望めます。 機械の生産性と品質の向上が計れます。 RTM X42は既存の設備に容易に設置できます。

RTMX2

RTM X2

撚り線機用無線式張力計測システムRMT X2は、バンチャーや、2チャンネルまで計測すれば良い、コンパクトなシステムです。 バンチャー・撚り合わせ機の回転体に張力測定センサーが設置可能となり、ロープ・ケーブルの撚り合わせ工程での撚りムラ(不具合)の低減が可能になりました。 張力測定センサーには高精度のベアリング付きロードセルを使用。 急な張力変化による断線等のトラブルの防止が可能になりました。 精度の高い張力制御により高品位の撚り合わせ製品の製作が可能となります。 

お問合せ

Makuhari Office
1
0
9
9
0
2
 
 
TOPへ戻る